デンタルローン比較!お金借りる審査は学生やアルバイトでも通る?低金利カードローンは

デンタルローンの選び方!在籍確認ある?職場に電話されずにお金借りるなら

 

1.大手消費者金融を選ぶ

 

 

2.オペレーターが柔軟な金融会社を選ぶ

 

 

3.対応がいい消費者金融を選ぶ

 

 

 

・プロミスならオペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス実質年率 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

・SMBCモビット金利3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・借り入れは1000円から
・最高限度額500万円
・最短30分審査完了
・来店不要、即日融資可能で審査
・手続きはネットですべて完結で便利
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

デンタルローンお金借りる 銀行カードローン審査で安心キャッシング

 

生活上必要なときにお金を借りる方法はいろいろですが、銀行や信用金庫、消費者金融などから手軽に借り入れができるキャッシングはなかでも人気といえます。

 

キャッシングの場合は街なかに設置されているATMから引き出したり、または銀行振込で口座に直接振り込んでもらうなどの手段をとることができ、一定の限度額の範囲内で、少額を必要になる都度借り入れるのに適しています。返済は毎月の締め日までの利用残高に応じた金額を月払いすることになりますが、多くの場合は繰り上げ返済を随時行うことができますので、できるだけ金利の負担をしたくはないという希望があるのであれば、余裕がある時期に早めに返済を済ませてしまうことも可能です。キャッシングは銀行や消費者金融などの貸し手にかかわらず、一般的な融資にありがちな担保や保証人も必要ないことがほとんどで、しかも申し込みをした日に専用カードの発行を受けて借り入れまでができる、いわゆる即日融資にも対応しているところさえあります。事業目的以外あれば借りたお金の使用目的を問われることもまずありませんので、その意味でも手軽さは際立っています。

 

ただし問題となるのは審査の結果によって個人ごとに限度額が設定されてしまうところです。この限度額というのはそれ以上はお金が借りられないという金額のことを指しています。公務員や大企業の正社員などの安定した職業の人の場合には、この限度額もかなりの金額の枠が設定されるため、あまり心配をする必要はありません。ところがパートやアルバイト、派遣社員などになると、年収の金額自体が少なく安定していないことから、あまり大きな限度額の枠を設定することができません。そのためお金の使用目的によっては一般的なキャッシングの申し込みをするよりも、むしろ目的がある程度限定されている別のローンに申し込んだほうがメリットが大きい場合があります。

 

たとえばマイホームを購入するのであれば住宅ローン、マイカーを購入するのであれば自動車ローンというのが定番ですが、これらはいずれも目的が限定されているのが特徴です。歯科で前歯のホワイトニングやインプラント、歯列矯正といった審美治療などを受ける場合にも、健康保険の適用がないために多額の治療費が必要になりますが、このような場合に適した目的別ローンがあります。これはデンタルローンとよばれており、本人が銀行などのホームページやパンフレットの説明文を見て選んでもかまいませんし、治療を受けるクリニックの窓口で相談をすれば、提携しているローン会社を紹介してくれることもあるものです。もしも本人が探すのであれば、一度にまとまったお金を借り入れることになりますので、金利の水準がほかの会社と比較して低く、希望する分割払いの回数に対応ができるところを選ぶのがよいといえます。

 

デンタルローンは名前のとおり歯科治療の費用に充てることが目的というのが大前提で、その他の目的に使用することはできませんが、そのかわりに治療費に見合ったかなりの高額の申し込みでも受け付けてもらえるところがメリットになっています。デンタルローンとはいっても銀行などが取り扱うローンの一種であることに変わりはありませんので、申し込みをした後に審査は当然ありますし、申し込みができる条件なども、一般の目的別ローンと同じくあらかじめ決まっています。通常は本人の年齢が満20歳以上であって、安定継続した収入があり、なおかつ歯科治療が目的というのがその条件です。担保や保証人は通常は必要とされず、その部分を保証会社が代行していますが、ごく稀に審査の結果によっては保証人などが必要になってくるケースもあり得ます。

 

このようなデンタルローンには銀行やクレジットカード会社などさまざまな主体が参入していますが、銀行系の場合はパートやアルバイトは不可とされていることもありますので、条件は最初にしっかりと確認しておきたいところです。また通常は使用目的の制限を満たしていることを確認するため、クリニックが発行した審美治療の見積もりなどを添付書類として提出させるのが一般的です。クリニックと提携している会社からの借り入れの場合には、直接的な書類の提出は必要ないものの、インターネットを使ってデンタルローンの公式サイトにアクセスして、専用のコードを入力した上で申し込みをするしくみになっているものもあります。

 

いずれにしても審美治療の場合はかなり請求金額も高額になりますので、一度にこれまでの預貯金をすべて下ろしてしまい、非常時の余裕がまったくない状態になるよりも、むしろデンタルローンを活用して、万が一の際の蓄えを残しておいたほうがよいこともあります。借り入れの際の年齢や職業などの条件の部分には注意しながら、金利や支払いの回数などのバランスを見て、返済の見通しを立てておいた上で正式な契約をするのがよいといえます。